10 月<< 2017年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 野菜


ほんに農業は難しい。(ばかばかしいともいうが)能力があってアイデアがある人が利益を得るのはどの業界でも一緒だが、農業の場合、その利益を得る人の割合が非常に少ないのが問題だと思う。

 今年は野菜栽培に燃えているが、適期に出荷したのでは直売所などでは安売り競争に巻き込まれてしまう。では適期外の時期というと施設や資材が必要になってしまう。

 栽培する量も問題。今年は野菜は少量多品目にしたが、そのわけは今年は直売所で売るつもりだったので、大量に栽培すると自分のところの量だけで自滅すると考えたから。


 知人の話で、野菜をこの季節、大根に絞って栽培している農家が市場の仲買人に一箱(10本入り)を100円でしか買わないと言われたとか。嫌なら持って帰れ、と言われて、そんな個人の家で1000本以上の大根をどうする、ということで、置いて帰らざる得なかったとのこと。箱代にもならない価格。

 その仲買人は、その大根にいくらかを上乗せして、安売りスーパーに卸すのだろう。今、消費低迷の中で安売りスーパーは人気だが、1本60円の大根の本当の意味を考えてほしい。安かればいいというものではないだろう。

 で、今、わが農園に絶対、市場にはでないものが育っている。

クワ
 
 これは何でしょう。 正解は「桑」

 栽培しているものだけが食べられるのは「桑の実」

 クワの実

 朝収穫したら、夕方にはもうだめになっている実です。数時間以内に食べるしかない。

 わが農園には二種類の食用桑が栽培されている。

 市場にださないと「お金」にはならないけれど、しかし、お金ではなかなか買えないものを栽培して自分たちで食べるというのも、ささやかな楽しみではある。

 
スポンサーサイト
4

忙しい、忙しい季節がやってきました。

まず、ブドウ。先日、やっと露地のブドウのビニールかけを終了しました。
わが農園の圃場の面積は広いのに、なかなかビニールかけができず、景観的に今ひとつでしたが
やっと、終了しました。

「池之原」地区の露地ブドウ、今年もスタートです。

2


3


 露地とは別に、無加温ハウスの中はもう戦争突入です。ここのところ暖かい日が続いたもので枝が伸びたい放題。やっと誘引したものの、今度は房を小さくする作業に突入しないと、「花ふるい」されそうな雰囲気が・・・

去年、この作業が遅れてピオーネと紅瑞宝に泣かされました。

1

 もちろん、こうしている間に(決してさぼっているわけではないが)野菜の苗もちゃくちゃくと成長。
もう定植しないと遅いくらいになってしまった!

 この季節、後ろから仕事が鞭をもって追いかけているような気分になってしまう。自分でこの事態を招いたと言われたらそれまでですが・・・
 今年も始まりました、草との闘い!

 農家の人が口をそろえていうことは、農業は草との闘いだ、ということ。

 本当に予防もせず施肥もしないのに、スクスクとお育ちになること。

 わが農園で先頭きって草との闘いに行くのは、農場長の乗る「草刈まさお」君です。

 草刈2

 ここはもうすぐトウモロコシ畑になるところ。耕運する前に、軽く草刈りです。

 草刈1

 のどかな風景・・・。でも、乗り心地はそんなに良くないかも。

 草刈3


 繊細さ(草刈にそんなものがあるのか?!)が要求されるところは、やはりこの道50年のベテラン
の熟練テクニックの出番です。

 でも、最後の最後の秘密兵器は「テデカール」になるのです。









 今年は、少量多品種の野菜栽培に挑戦することにしました。

 春を迎え、あちらこちらで野菜の種まきや定植の話がでてきます。それを聞くたびに、東北地方や福島の農家の方たちの無念さに心が痛みます。

 農作物は工業製品ではありません。解禁されたからといって、季節があわなかったら、どうにもならないのです。迎える「種まき」の季節を前に、本当にあらためて地震と原発事故の恐ろしさを思います。

 さて、わが農園の私の「お遊び」用だったハウスが本格的に野菜栽培用ハウスになりました。それにともない破れていたビニールを張り替えました。

 その時、業者の人から、「透明ですが、強度がある方でいいですよね」といわれて、何も考えずに「はい」と返事をしてしまった私。

 結果、今、後悔。だって、外から丸見えなんです。今までは、白色のビニールだったから、ビニールを下していたら、中の様子は見えなかった。それをよしとして、草ボウボウだったのです。

 が、今度からは、必死に草取りに励まなくてはなりません。野菜栽培は、無農薬でいく予定なので、除草剤等は一切使用しない予定です。私のこの手が除草剤がわりになる予定。

 困る!透明ビニール

 現在、栽培中のブロッコリーの様子が丸見えです。あーあ、草とりをしなくては・・・

 もうひとつのハウスの方では、コマツナ、ホウレンソウをはじめいろいろな野菜を播種しました。
 また、育苗中のキュウリ、とまと、かぼちゃ、ねぎ・・・

 野菜播種しました

これから本格的にトウモロコシとブドウの栽培が始まるというのに、野菜まで手を広げて、本当に今年のファームはいったいどうなるのだろう。
 
 遅霜の心配はまだあるのですが、先日、スナックエンドウの苗を定植しました。

 私、実はこの「スナックエンドウ」という名前を発声するとき、脳内で一度確かめてでないと
 発声できないのです。

 そう、あの某有名なグループの名前と言い間違いそうで・・・

 「スマップエンドウ」なんて言おうものなら、人様からどれだけ嘲笑されることやら。

 哀しいかな、先天的に言い間違いの多い人間なのです、私。

 我が家の愛犬が生きていた時には、愛犬と息子の名前を言い間違えることが常態化していました。
 「コジロウ」と「タクヤ」全然似ていないんですけれどね。

 あんまり私が間違えるので、私が息子の名前を大声で呼ぶと、その声の調子を聞き分けて
 愛犬がコソコソ逃げたり、喜んで走り寄ってきたりしてました。(庭で放し飼い状態にしていました)

 きっと「タクヤ」が自分の名前のひとつだと認識していたのでしょう。


 スナックエンドウ

 スナックエンドウ、スナックエンドウ、スナックエンドウ・・・

 何回も脳内で唱えてから

 「忙しくて、でもやっと植えることができたわ、スナックエンドウって、美味しいから好きなのよ。
 やはり、自分で栽培した方が安心だものねー」

 と一人前のふりをして言っています。

 
 

プロフィール

umeshiro

Author:umeshiro
過疎と高齢化の町に生息し、吉備高原ファームという農業生産法人をやっています。子供と動物が大好きです。

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
6778位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
426位
アクセスランキングを見る>>
 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 
 

QRコード

QR
 

PopUp WikipediaⅡ

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。