10 月<< 2017年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大百姓への道

 野菜


ほんに農業は難しい。(ばかばかしいともいうが)能力があってアイデアがある人が利益を得るのはどの業界でも一緒だが、農業の場合、その利益を得る人の割合が非常に少ないのが問題だと思う。

 今年は野菜栽培に燃えているが、適期に出荷したのでは直売所などでは安売り競争に巻き込まれてしまう。では適期外の時期というと施設や資材が必要になってしまう。

 栽培する量も問題。今年は野菜は少量多品目にしたが、そのわけは今年は直売所で売るつもりだったので、大量に栽培すると自分のところの量だけで自滅すると考えたから。


 知人の話で、野菜をこの季節、大根に絞って栽培している農家が市場の仲買人に一箱(10本入り)を100円でしか買わないと言われたとか。嫌なら持って帰れ、と言われて、そんな個人の家で1000本以上の大根をどうする、ということで、置いて帰らざる得なかったとのこと。箱代にもならない価格。

 その仲買人は、その大根にいくらかを上乗せして、安売りスーパーに卸すのだろう。今、消費低迷の中で安売りスーパーは人気だが、1本60円の大根の本当の意味を考えてほしい。安かればいいというものではないだろう。

 で、今、わが農園に絶対、市場にはでないものが育っている。

クワ
 
 これは何でしょう。 正解は「桑」

 栽培しているものだけが食べられるのは「桑の実」

 クワの実

 朝収穫したら、夕方にはもうだめになっている実です。数時間以内に食べるしかない。

 わが農園には二種類の食用桑が栽培されている。

 市場にださないと「お金」にはならないけれど、しかし、お金ではなかなか買えないものを栽培して自分たちで食べるというのも、ささやかな楽しみではある。

 

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

umeshiro

Author:umeshiro
過疎と高齢化の町に生息し、吉備高原ファームという農業生産法人をやっています。子供と動物が大好きです。

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
6778位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
426位
アクセスランキングを見る>>
 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 
 

QRコード

QR
 

PopUp WikipediaⅡ

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。